FC2ブログ

2020-05

第1回鹿行豚枝肉共励会

「第1回鹿行豚枝肉共励会」






・・・






何だと思いますか






舞台は


「茨城県中央食肉公社食肉地方卸売市場」


玄関



お邪魔した時にはもう結果が。





ウィ~ンと玄関を入ると




左手にドアが。

ドア



このドアを開けたら・・・



豚肉ずらり

豚肉がずらり




競り会場です。




写真手前に写っている青い紐たち。



紐の先にには

応札

この機械で応札するんですね



ハイテクです。





で、ズラリと並んでいる豚肉は

今回の共励会に出品されたお肉たち。




豚肉の品評会のようなものです。




こちらが

トップ2

今回のトップ1(左)、トップ2(右)。





なんと両方とも行方市の生産者さん




ちなみにトップ3も!!







すごかとデス




トップ3には入ったお肉は全て

極上

格付が「極上」。




ある卸売市場での年間「極上」格付け比率は0.1%。




なのにこの日に3つも






しかもすべて行方市






「共励会」なので表彰されました。

表彰

この方たちの







ちなみにトロフィーが

トロフィー

上に鎮座致しますのは豚さん


特注ですかね。







興味深かったのは枝肉講評。

説明

格付け基準など説明してくれます。


皆さん真剣。





で、専門すぎて良くわからなかったんですが(^^;


お肉の味は脂身で決まる


という事は理解しました。




赤味と脂身のバランスも大切だけれど

脂身が味を左右するそうです。






う~ん、奥深し。






最後は競り。


競り

静かで早い




1頭1頭競りに掛けられるのですが

ハイテク化されているせいか

1頭、10~15秒程度。




真ん中の右にいる方がお肉を、ちょいちょいとひっくり返し。

その間に上の電光掲示板で金額が変動。



決定すると次。


流れるように。





凄いですね。






この日にトップ3になったお肉も競りにかけられました。







誰かのお腹に・・・



美味しいだろうな・・・「極上」









食べた方が笑顔になりますように















Lee









スポンサーサイト



米豚の豚丼

常磐線下り友部SA


友部SA


ここに



行方産米豚を使用した



豚丼(とんどん)があります







まず目に入るのが

焼いてます

焼いている姿。







網の上でひっくり返されているのが

網

行方産米豚。






炭火焼です






そしてこちらが

豚丼

豚丼









ちょっとついたコゲメが美味しそう


並

豚丼 並盛







このほかに


小盛、大盛、筑波山盛があります。








筑波山盛にチャレンジしたかったのですが


並盛の2倍のお肉が





立ち寄った際には

ぜひ豚丼筑波山盛にチャレンジして下さい










Lee




田んぼに牛・・・!?

本日も冬。


明日も冬。


明後日も冬。


・・・ですね。





すいません。
寒いなぁと言いたいだけです

冬の日

そんな寒さの日々ですが。

水田は茶色になっています。







水が張られるのは春になってから。


春遠しと思って見ていたら・・・



視線

視線を感じます




ビシビシ感じます。





周りこんでみたら

発見

いました




牛です。





行方市は乳牛もおこなわれているので

水田一画が放牧地になっているんですね。







ここにも寝そべって

ここにも



寒くないのかなぁ~と

眺めていたら







プイっと横を向かれてしまいました

ちらみ


ただ、チラチラと視線を感じるのは気のせいでしょうか





牛も気になるんでしょうが

こちらももの凄く気になりました。








気になり合戦










Lee



美明豚のカタマリ

先日、お邪魔した「美明豚(びめいとん)」の

お肉を扱うお店にお邪魔してきました







お店に入ってすぐにあったのは・・・


塊








美明豚の塊





こちらのお店では一頭分を仕入れて


自分のお店で枝わけするので


ちょうどその最中に。







塊アップ

ハンパなく大きい






一抱えするぐらい。







この塊を各部位ごとに切り分けていくんですね。








美明豚3種盛り。

三種

右上 肩ロース
左上 ロース
下  バラ








こちらはロース盛り

ロース







実はこの一番上のロース







ロース塊


こんなに大きいんです







この大きい塊で5kg






美明豚ロース5kg

食べたい・・・・・






で、このロース塊にするためには

最初の画像のお肉から骨などを取るんですね。



骨


調理台の下には「骨」が。









豚肉は肉質により格付けがされており

上・中・並の3段階。


印


「上」印が押されていました。






牛肉もそうですが

豚肉も格付けの世界でありました。












Lee




「美明豚」豚舎 Final

美明豚豚舎潜入レポート。

まだ終わってなかったのです


だいぶ時がたってしまいましたが・・・


なんだっけという方
     &
初めてブログにお越しくださった方 ( ようこそm(_ _)m )



思い出してください

子豚編http://namegatasyokusai.blog.fc2.com/blog-entry-355.html

大人編http://namegatasyokusai.blog.fc2.com/blog-entry-356.html





さてさて

平成24年度農林水産大臣賞を獲得した

「美明豚(びめいとん」ですが






こだわりは育て方だけではありませんでした





全てを無駄なく大切に。

肥料小屋

豚舎脇にあるこの施設。








中では何かがゆっくりと

混ぜる



・・・・





ゆっくりと





ぐりぐり

機械はゆっくりめでも

下の機械はグルグルぐるぐる。








こちらの養豚場では

有機肥料もつくっているんです。

とんぷん


名付けて「なかちゃんとんぷん」




パッケージも可愛い










さっきの施設でグリグリした後に

袋詰めされます。






こちらがパック詰め用施設。

パック詰め機械




入って左には








山

とんぷんの山。







けっこうの長い期間ぐりぐりするので

肥料

乾燥してますね。


ころころですね。


匂いもぜんぜんしません。










このとんぷんが左から流れてき


上からがぁ~と


パック詰め


袋詰めされ、ここからでてきます。







出来上がりの袋の山

山積み




行方市の数箇所で使ってもらっています。



水田だったり。

畑だったり。












子豚とたわむれ

こぶた

豚ぷんにびっくりした



美明豚豚舎でした。









これにてやっと終了です


ながらくお付き合いいただきありがとうございました








Lee




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

なめがた食彩マーケット

Author:なめがた食彩マーケット
霞ヶ浦に挟まれた行方市(なめがたし)。
知る人ぞ知る、美味しい食材が育つ隠れ場所。
教えたくないけど、せっかく訪れてくれたあなたにこっそり美味しさの秘密をのぞかせてあげましょう。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

野菜 (108)
サツマイモ (11)
エシャレット (7)
みず菜 (7)
わさび菜 (2)
春菊 (1)
セリ (2)
チンゲンサイ (3)
レンコン (15)
みつば (1)
トマト (11)
イチゴ (5)
きのこ類 (0)
New Face (11)
いろいろ (8)
水産物 (23)
鯉 (1)
ワカサギ (7)
シラウオ (1)
ナマズ (0)
川エビ (1)
ハクレン (0)
うなぎ (2)
畜産物 (16)
豚 (9)
牛 (4)
穀物類 (38)
米 (23)
麦 (15)
果樹 (5)
果物 (2)
メロン (2)
イベント情報 (93)
プレゼント (12)
コンテスト (10)
つれづれ (147)
畑づくり (6)
レシピ (31)
お花 (23)
行方市 (3)
里ガール (1)
すいか (0)
婚活 (1)
その他 (7)
6次 (4)

ブログランキング

投票はこちら

FC2Blog Ranking

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

いっらしゃいませ♪